マツダ MAZDA デミオ

デミオ プロフィール なめらかな乗り味ながら小気味よいハンドリングを楽しめるコンパクトカー。G-ベクタリングコントロールを採用して以降、その走りはさらに洗練された。 パワーユニットは1300ccガソリンと1500ccディーゼルターボ。改良を重ねたディーゼルエンジンは物理・制御の両面でディーゼルらしいノック音を低減している。 ディーゼル車は大排気量車のような低回転からのゆとりあるトルク感が、ガソリン車は軽快な回転感がそれぞれの個性となる。 インテリアも凝ったデザインで、最上級グレードには本革シート設定。先進安全装備も充実し、このクラスでは珍しい斜め後ろの車両検知機能は全車に標準装備。 歩行者対応自動ブレーキやサイド&カーテンエアバッグも装備する。 大幅マイナーチェンジを控えて現在は在庫車での対応になる。改良モデルは動力性能向上を図っているらしく、内容に注意したい。 売れている理由 一番人気はガソリン仕様車の廉価グレード。装備が類似しているXDより32.4万円安く、小さめのコンパクトカーとしては選びやすい価格だ。 上位の13Sツーリングより約22.7万円安く、ヘッドアップディスプレイやメーターを使った標識表示などの安全機能、LEDヘッドランプ本革ステアリング、 オートエアコンなどは省かれるが、7インチのセンターディスプレイは装着するため、ナビ機能追加するのはたやすい。レインセンサーワイパーやオートライトなども標準装備する。 スイフト プロフィール スポーティなイメージを高めたスイフトは、1200cc・直4とそのマイルド&ストロングハイブリッド、1000cc・直3ターボの4タイプのエンジンを設定。 それぞれに組み合わせるトランスミッションもCVT、5MT、5AGS、6ATと幅広い。 先代比120kgの軽量化により、優れたハンドリング特性と高い動力性能を両立するのが特徴。 全車にフルオートエアコンやプッシュスターター&リモコンキーを標準装備して、全体的に装備は充実している。RSは欧州チューニングのスポーティサスペンションを装着しており、 コンパクトカーとしては乗り心地が硬いが、スイフトが持つスポーティイメージを体現している。 ストロングハイブリッドは一定条件でのEV走行が可能で、シフトチェンジ時に発生する5AGS独特の違和感を、モーターがサポートすることで解消した扱いやすいものとなる。 売れている理由 マイルドハイブリッドを搭載したスポーツグレードのRS。RS専用のエアロパーツと欧州チューニングのショックアブソーバー&タイヤ&電動パワーステアリングによってスポーティなハンドリングを持つ。 キビキビしたスイフトらしい走りをイメージさせ、燃費も優れているのが人気の要因か。機能装備が同等のハイブリッドMLはフロントグリルが塗装されず、外観の質感を求めて販売店オプションのグリルを装着すると 価格もほぼ変わらなくなり、こちらが割安だ。 販売データ ディーゼル車なら、アクア、ノートeパワー、フィット&スイフトHVと、ガソリン車はヴィッツ、ノート、フィット、スイフトとのライバル競合を進めていこう。 複数のマツダ店同士での競合が可能な地域は、これを確実に実施したい。 「デミオにハイブリッドはないの?」と牽制球を投げるのも一安だ。

MAZDA

Copyright (C) 2007-2018 マツダ車オールガイド All Rights Reserved.